""

二重窓(内窓)サッシの専門店

二重窓(内窓)サッシの専門店

二重窓で防音窓や断熱対策した一部を紹介します。

騒音で夜眠れなくて、ストレスがたまっている場合、 二重窓で防音をする事をオススメします。





繁華街が近かったり通学路の側や公園の近く、または飛行機やバストラックの音など 不快な騒音ばかりです、郊外の静かな場所に暮らしたくても 会社や生活の必要性でどうしても 人口が密集している場所に住んでしまいがちです、、、








その場合は、専門家に相談するのが一番です。

部屋の中に騒音を入れない為に、二重窓という方法でリフォームする人達が増えております。

当然相談は無料なので、数社の内窓リフォーム屋に見積もりを取るとよいでしょう。









騒音問題を解決する為に二重窓の内窓サッシを選ぶ時は、各社製品の情報を比較したり、本当に期待通りの性能が発揮される事を確認する必要があります。 内窓サッシの価格は、選ぶ条件の一つに間違いありませんが、各社の製品の価格差はそれ程大きくありません。 つまり、二重窓を比較する場合は、価格よりも性能やデザインを重視する方が大切といえます。





二重窓(内窓)に求める機能は、防音効果と断熱性と気密性で、性能は数値の比較を行えば違いを知る事が出来ます。 しかし、メジャーメーカーの製品は、比較するとどれも横並びの性能で、数値上は大きな違いがある事が分かりません。 大切な事は、実際に内窓サッシを室内に取り付けた後、求めた通りの快適な生活環境が得られる事が重要です。





数値上の性能比較は大切ですが、必ずしも内窓サッシの実力が分かる情報ではないので、より現実的な比較が必要だと感じました。 価格やカタログスペックだけではなく、実態に近い内窓サッシの選び方としては、内窓を構成する構造や作りを比較する方法が効果的です。 内窓は、上下のレールにはめ込む形で設置するので、室内側の設置スペースが必要になります。





具体的に比較を行う前には、設置出来る条件で絞り込む事も大切なので、寸法を測ってからカタログを見る事が大切です。 大まかに絞り込んだ後は、二重サッシ各部のパーツを見比べたり、実際に隙間風や断熱性能が発揮されるか検討を行います。



拘りを持つメーカーは、部品の各部に明確な説明を行っていたり、カタログに構造の理由が記載されています。 また、必然的に部品点数が増加したり、複雑な構造を持つ場合が多いので、この点も価格が妥当か見比べる際に注目したい部分です。





アルミは頑丈ですが、樹脂の方が熱伝導率は低く、またメーカーによっては、歪んだ窓枠に収まる仕組みを備える製品を用意しています。 価格だけではなく、窓の性能に繋がる仕組みは各社多様なので、二重窓は奥深く入念な検討が必要だと実感しております。



 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ